FC2ブログ

カトマンズ トリブバン空港から市内ホテルへの行き方&無料送迎付のおすすめホテル【2019年版】

0
ネパール観光情報
トリブバン空港に到着の皆さんナマステ。ようこそネパールへ。
長旅でようやくたどり着いたネパール。皆さんのの滞在が楽しくなるよう、今回は空港を出て最初、市内(タメル)への移動手段について解説します。

ネパールに限らず首都の国際空港は国の玄関。顔です。
多くの国では空港は少し郊外にあるものの、市内まで行きやすいようにインフラが整備されているものです。

しかし油断してはいけません。ここはネパールです。
中心部までの鉄道、地下鉄、モノレール、等の旅行者用の乗り物は存在していません。

え~っと、これは旅行者もネパールという国と人々にじかに触れてもらいたいという願いの表れであって、決して旅行者へのホスピタリティが欠けているとか、国にそこまでの予算がないとか、そもそもそんなことを思いつきもしないとか、そんな理由ではないのです。たぶん・・・

空港の出口の手前でまずは両替をしてください。空港の両替はレートが良くないので必要最低限、5000円くらい両替すれば十分です。その時、1000ルピー以外の小額紙幣も混じるようにしてください。というのもネパールのバスやタクシー、商店ではおつりがない事が多いので、小額紙幣はできるだけストックするようにしておく必要があります。
携帯会社のカウンターもあるのでsimカードが必要な方はそこで手に入れることもできます。

必要な手続きが終わったらいよいよ市内へ移動です。
空港から市内までの行き方は以下の4つです。
・路線バス
・一般のタクシー(黒のナンバー)
・プリペイドタクシー(緑のナンバー)
・ホテルのピックアップサービス

ほとんどの人は初日はタメル地区の近くにホテルを取ることになると思いますので、それを基本に解説してきたいと思います。

それぞれのメリット・デメリットを考えて、自分に合った移動方法を選んでください

①路線バス



  費用(15~20Rs)  難易度☆☆~☆☆☆☆
  メリット:とにかく安い。圧倒的に安い
  デメリット:空港から出るバスは、本数が少なくいつ来るかわからない
        一般の乗客で混雑する場合があるので大きな荷物を持っての乗車が困難な事も。
        タメル付近到着後もかなりの距離を歩いて移動しなければならない
  こんな人におすすめ:荷物が少なくて旅慣れている節約志向のバックパッカー
    
私たちに限らず、移動の費用はできるだけ抑えたいという人は多いと思います。私たちも節約派なので他の国に行ったときはバスや電車などの公共交通機関で移動する方法を探します。
しかし、ここカトマンズの空港からの移動に関しては、荷物の少ない手慣れたバックパッカーでもない限り、バスはあまりお勧めしません。
一つの理由は混雑
バスは大抵大勢の客を乗せて大混雑するので、スーツケースなどの荷物を持ちながらの乗車は大変!かつ混雑した場合他の乗客に迷惑をかけてしまいます

もう一つの理由はバス降り場からタメルまでの道と距離
バスは「ラトナパルク」または「プラノバスパルク」(プラノ=「古い」 パルク=公園のネパールなまり 英語で言えばOld Bus Park)に到着するのですが、そこからタメルまでは徒歩で15~30分、道はガタガタ、人はめちゃ込みで、スーツケースなどの大きな荷物を持っての移動は非常に大変です。

ちなみに空港内から出るバスを運行するSAJHA YATYATのホームページを見ると空港に来るバスは1台で運行しているので、もし出たばかりだとかなりの時間待つことになると思います。こればかりはタイミング次第という事で・・・

バス乗り場は空港建物から道を渡らず、そのまま建物沿いに行ったところにバス停があるようです。今まで利用したことは無いので地図を見た限りの情報なのですが、今度利用したら報告記事を載せたいと思います。

バスがなかなか来ないような場合、外の道でバスを捕まえることもできます。駐車場を通り抜け空港敷地外に向かう坂を下ると、「リングロード」という道に突き当たります。その道を少し進むとバスストップがあります。参考に地図を貼っておきます。



バスの中からは乗務員が身を乗り出して大きな声で何かを連呼しています。(叫んでいるのは行き先なのですが、初めての人はほぼ聞き取れないと思います)その乗務員に向かって「ラトナパルク (または) プラノバスパルク ジャネ?(行く?)」と尋ねてください。「乗れ」というような仕草をされたらバスに飛び乗ってください。バスパークに到着したら乗務員が教えてくれると思います。多分・・・
    

②一般タクシー(黒のナンバー)


  費用☆☆☆(500-800Rs 交渉次第)  難易度☆☆
  メリット:交渉次第でそこそこリーズナブルに移動できる
               ホテルの前まで荷物を引かずに移動できる
  デメリット:適正な価格で行くには交渉が必要。
  こんな人におすすめ:ある程度自分で交渉も楽しめる一般旅行者。
            節約志向だが大きな荷物も持って来ている、3人までくらいのグループ
    
    空港の建物前の道を渡ると、タクシーの客引きがたくさん声をかけてくると思います。渡ってすぐはプリペイドタクシー(緑のナンバー)のエリアなので、一般のタクシーに乗るならとりあえず無視して奥の方に進んでください。少し奥に進むと一般タクシーの運転手が声をかけてきます。そこから交渉開始です。多くの車は軽自動車のサイズなので大人数や多数の荷物を持つグループは大きな車を探してください。

    最初に言ってくる値段は相場より高いことが多いので、6割くらいの値段から交渉してください。値段は時間帯や車の大きさによって異なりますが、向こうが800とかで声をかけてきて、結局500~600ルピーくらいでまとめるくらいが良いのではないかと思います。渋滞の激しい夕方以降夜にかけては多少高くなるかもしれません。でも彼らにも車のレンタル料やローンもありますし、長旅の後すぐにあんまりキチキチと交渉するのも大変なので、多少おおらかな気持ちでいくのが良いのではないかと思います。
    

③プリペイドタクシー(緑のナンバー)



  費用☆☆☆(700-800Rs 固定)  難易度
  メリット:カウンターで申し込めば交渉・トラブルレスで移動可能。
       ホテルの前まで荷物を引かずに移動できる
  デメリット:一般タクシーより少々高い。
  こんな人におすすめ:交渉は面倒。でも安心してホテルまでたどり着きたい人
    
    もっと楽に移動したい人は、プリペイドタクシーを利用してください。空港の建物の外にカウンターがあります。料金も明示してあるのでその場で行きたい場所(ホテル)の名前を伝えれば車を用意してくれます。車は一般のタクシーより大きいことが多いので、人数や荷物によってはかえってお得かもしれません。
2018年現在タメルまでは700ルピーです。

注意点としてはホテルのあるちゃんとした町名を調べておくこと。タメル地区と思っていても、別の町名になる場合もあります。ブッキングサイトなどでホテルを予約したなら、アプリやプリントアウトした用紙で住所を見せられるようにしておくと安心です。

カウンター以外で値段を尋ねると「値上がりした」などと高く言われることもあるので、必ずカウンターで頼むようにしてください。さんとす&こぴらはプリペイドタクシーは使ったことは無いのですが、初めてのネパール、値段交渉も不安という方にとっては便利な方法だと思います。
    

④ホテルのピックアップサービス



 
  費用☆☆☆☆(ホテルの設定次第)  難易度
  メリット:ネームカードをもってお迎えに来てくれ、ホテルまで連れて行ってくれる
  デメリット:自分の到着便や時間について、事前に連絡・確認が必要(多くのホテルでは英語で)
  おすすめの人:空港からホテルまでお任せで移動したい人
    
    着いてからはできるだけお任せでホテルまで連れて行ってほしい。という方は、初日のホテルを予約する時点で、ピックアップサービスを頼んでおくことをお勧めします。ホテルのブッキングサイトを見ると空港送迎の有無、いくらで頼めるかが書いてあります。値段はホテルによってまちまちで、8~10ドルくらいのホテルが多いです。4000円くらいからの中級ホテルの場合無料送迎のところもあります。

ホテルに送迎を頼みたい場合にはホテル予約完了後にメッセージを送って迎えをお願いしてください。自分の到着日時、飛行機の会社と便名を書いて「エアポートピックアッププリーズ」と、ホテルにメッセージを送ってください。ホテルから「費用は〇〇です。OKなら迎えに行くよ」というメッセージが来るかと思いますので、「お願いします」とこちらからメッセージを送れば事前準備OKです。

    以前のぼくの失敗談なのですが、ピックアップサービスについて尋ねた後、ホテルから「〇〇の条件で迎えに行きますよ」とメッセージがあった後、最後にこちらから「お願いします」のメッセージを送るのを忘れていて、結局空港に迎えが来なかったという事がありました。なので、事前の確認はきっちりとやっておくことをお勧めします。
    
    無料送迎で利用して良かったおすすめホテルは【hotel Bliss International】です。先日こぴらが一人、夜10時過ぎの便でカトマンズに到着した時、安全のために送迎ありのホテルを予約したのですが、空港から出たのが11時半頃だったにもかかわらず、空港前でネームプレートをもってきちんと迎えに来てくれました。車も荷物も積めるバンで、スーツケースがあっても安心です。

部屋も清潔で、深夜到着でも翌日のバスの手配を受け付けてくれたりと、フロントもしっかりしていました。格安ゲストハウスよりは値が張るものの、送迎代を考えるお勧めできるホテルです。


    初めての国では多少の緊張や不安もあるもの。ここネパールでは次の日からでも予期せぬ出来事はいくらでも経験できますので、到着した時は安全なホテルのピックアップサービスを使う事も良いのではないかと思います。
    
空港からホテルへの行き方4つをご紹介しました。最後にまとめです。
  荷物の少ないバックパッカは  路線バス
  交渉を楽しめる人は       一般タクシー
  交渉が大変な人は        プリペイドタクシー
  到着後はお任せ         ホテルのピックアップサービス

上記の情報を参考にしてあなたの旅のスタイルによって自分に合った方法を選んでください。
空港はその国の顔ともいわれています。あなたとネパールとの初対面が楽しくワクワクするものであることを願っています。


0 Comments

Add your comment