FC2ブログ
google-site-verification: google31a02f4e0595215b.html

ネパールコーヒーの“きっかけ”は日本にあった!お話

0
ネパールの逸品
 今回、ネパールで最初にコーヒー農園を始められた『The Everest Coffee』のサンタ・バール・ラマさんに、お話を伺うことができました。なぜネパールコーヒーのルーツは日本にあるのか、興味深かったお話をまとめてみたいと思います。

❏偶然『The Everest Coffee』を訪ねる

eve coffee2 
コーヒーの記事を書きたいと思いたち、ちょうどカトマンズを訪れたので、エベレストコーヒーさんを訪ねてみました。こちらは以前友人に教えてもらったお店ですが、コーヒーが美味しかったので、きっと色々と教えていただけるだろうと思ったからです。
 「あのー、最近ネパールを紹介するサイトを始めたのですが、少しお話お聞きできますか?」と切り出してみた。

 最初はマンジュさんという女性の方でしたが、すぐに責任者のサンタ・ラマさんが出てこられました。とても丁重に迎えて下さり、美味しいコーヒーをまず出して下さいました。お話を伺ってびっくり!このサンタ・ラマさんこそが、ネパールで最初にコーヒー栽培に取り組んだ方だったのです。

❏サンタ・ラマさんが日本でコーヒーに出会った

サンタ・ラマさんは、もともとネパールでトレッキングの会社を営んでおられました(現在もコーヒー事業と共に続けておられます)。ご本人もトレッキング好きで、ラムジュン、アンナプルナなど、ネパールのほとんどのトレッキングコースは制覇されたとか。 

そして、1980年代に七年ほど日本に滞在され、日本山岳会のメンバーでもあられます。 その日本滞在中にコーヒーを知り、ネパールの経済発展のために、ぜひコーヒーをネパールで作りたいと熱い思いを持ってネパールに戻られたそうです。はじめてコーヒー器具にふれたのは、鳥取県の米子市だったとか。
santa rama 
サンタ・ラマさん 日本の掛け軸が飾られたオフィスにて

❏ネパールにコーヒーを広めるまで

1988年からネパールで、コーヒー農家の育成を始められました。
はじめはカブレという場所でコミュニティの形でスタートさせたとか。ネパールのコーヒーは山あいの高地で栽培するため、一箇所に大きな農園を作ることはできないそうです。 何軒もの農家の生産を合わせて出荷する形です。 

はどこから持ち込んだのですか?」と質問すると、
 「ミャンマーからだよ。ひとりの僧侶が赤い可愛い実をつけた木を、コーヒーとは知らずに持ち込んだよ」 
ほー、確かにネパールとミャンマーは陸続き。ミャンマールートで持ち込まれた苗が、コーヒー農園を始めたい農家に配られていったとか。

 そして、この苗木配布や焙煎機によるコーヒーの製品化を助けたのは、NGO『日本ネパール 人づくり協力会』などの、日本の温かい有志の方々でした。最初の焙煎機は、日本の友人がネパールまで送ってくださったそうです。 

その後、サンタ・ラマさんはネパールの色んな場所に農園を広げて行かれました。現在は下の地図のように各地に点在しています。
DSCF5760.jpg 
 

❏ネパール国王から表彰されたサンタ・ラマさん

サンタ・ラマさんの熱い思いから始まったネパールコーヒー。コーヒー生豆の輸出第一号は、日本の横浜だったとか。つぎに、大阪、スイス、台湾、アメリカなどに輸出が広がっていきました。 

その後、ラマさんに続き、ネパールでコーヒー事業をはじめる起業家も増えてきて、“ネパールコーヒー”の知名度もあがってゆきます。 

ネパールでコーヒーという新たな名産品を産み出して、仕事がない山間部の人々の生活を豊かにしてきたと、サンタ・ラマさんはネパール国王からも表彰されたそうです。 『ザ・エベレスト・コーヒー』のオフィスには、その時の様子や、日本の皇太子殿下と謁見された時の写真も飾られていました。 

突然取材させてほしいと訪れたこぴらを、親切に迎えて下さったサンタ・ラマさん。とても物腰の低い優しい方でしたが、実はとても偉大な方でした‼

❏ネパールコーヒーをナチュラル・コーヒーと呼ぶ理由

coffee flower コーヒーの花、純白できれいです〜

ネパールはコーヒー栽培の北限地。サンタ・ラマさんは、800m以上の山間部にコーヒー農園を作ることにこだわってこられました。 高地に作ることで霧が発生し、朝晩の寒暖差により、実の引き締まった美味しいコーヒーが作れるからです。 

そして、有機肥料により土壌改良を行い、農薬を使用しないで栽培しています。 
「有機肥料で行なうのは、ほんとはネパールの山の暮らしの人には化成肥料は高くて買えないからなんだ」 でもそれが本来の農業のあり方で、良い土をつくり、良い作物を産み出せるのですね! 

「ではネパールコーヒーは、オーガニック・コーヒーなのですね?」とたずねると、 
「オーガニック認定は受けていないので、ナチュラルコーヒーと呼んでいるんだ」  
農薬を使用していないので、実質はオーガニックですが、次の理由で認定は取れないそうです。
 ◎オーガニック認定にはとても費用がかかり、国民1人あたりのGDPがわずか700ドルのネパールでは、高すぎて取得できない。
 ◎ネパールのコーヒー農園は小規模コミニティ型のため、ひとつの農場だけで作られているという、オーガニック認定基準を満たせない。 

もう一度、言います。“ナチュラル・コーヒー”と謳っていますが、ほんとうに“オーガニックコーヒー”ですよー。

❏本物のネパールコーヒーを生産したい

サンタ・ラマさん、話を続けられます。 
「ぼくはね、ネパールのイラムで生産されている紅茶{※}が、良い茶葉はすべて外国に送られて、残った屑のような茶葉だけがネパールで消費されていることに胸を痛めているんだ。
 ネパールにはチヤ(煮出したマサラミルクティー)文化があるでしょう?チヤにしないと飲めないような茶葉しかないからなんだよ。それをマサラ(スパイス)で風味をつけてるんだよ。

 コーヒーはね、質の良いものをネパールの人に飲ませてあげたいだ。
でもね、今ネパールにはインドの低地で作られたコーヒーが、“ネパール・オーガニックコーヒー”として、出回っている。これもとても残念。ネパールに来たときには、本物のネパールコーヒーを買ってほしい。」

eve coffee3 こちらが本物の『ザ・エベレスト・コーヒー』です

 確かに!こぴらも一度、あるお店でコーヒーを買って、美味しくなくてがっかりした覚えが…。美味しいネパールコーヒーをぜひ飲みたい!そして、飲んでほしい! そして、“チア”のお話も個人的には衝撃的でした。屑のような茶葉をネパールの代表的な飲み物に作り変えた、ネパール人の知恵とたくましさが、すごいですね。

❏元祖ネパールコーヒー『ザ・エベレスト・コーヒー』を買えるお店

ネパールのカトマンズ・タメル地区をぶらぶらすると、紅茶を扱っているお店のいくつかに『ザ・エベレスト・コーヒー』も置かれています。

 でも、『ザ・エベレスト・コーヒー』さんのオフィスもタメル地区にあり、そこでは卸値でコーヒーを買うことができます
 「一見(いちげん)さんでも、売ってくれますか?」とお聞きすると、
 「フンチャ、フンチャ(いいよ、いいよ)。ノープロブレム(問題ないよ)」というお返事でした。

 皆さんもタメルに行かれた時には、『ザ・エベレスト・コーヒー』さんのオフィスに、ぜひお立ち寄り下さいね。 優しいディディ(お姉さん)たちがお迎えしてくれますよ。

eve coffee staff  写真左から、マンジュさん、サンタ・ラマさん、ムナさん

 【店舗情報】『The Everest Coffee』 営業時間10:00-17:00 ,定休日 土曜日
 ローストコーヒー 100㌘ Rs.250 生豆も手に入ります 

❏タメル地区で『ザ・エベレスト・コーヒー』を飲めるお店

タメル地区で『ザ・エベレスト・コーヒー』が飲めるのは、旅行者に大人気の『PUMPERNICKEL BAKERY(パンパルニケル・ベーカリー)』さんです。 コーヒーはRs.135です。美味しいキッシュやパン、ケーキなども食べられます。タメル地区に行かれる時は、ぜひお立ち寄り下さいね。

❏まとめ

ネパールコーヒーのルーツを知りたいと偶然訪れたお店が、まさにネパールコーヒーの歴史を作られた『ザ・エベレスト・コーヒー』さんでした。

そして、ネパールコーヒーのルーツが日本にあったことも、こぴらは全く知りませんでした。また、ネパールの地形が、美味しいコーヒーを産み出すのにぴったりだったなんて!ネパールコーヒーに、とてもロマンを感じた一日でした。

突然の取材に応じて下さった、サンタ・ラマさんとスタッフの皆さん、本当にありがとうございました‼

 ❁Thank you so much, Santa Lama jii ,staff Manju didi, ra Muna didi who kindly taught me, although you were busy! 

{※}ネパールのイラム地区は、インドのダージリンと隣接しており、そこで収穫された紅茶は『ダージリン・ティー』として、海外に輸出されています。

 (written by.こぴら)

0 Comments

Add your comment