FC2ブログ

お土産にも〜ネパールの逸品② 若返りのジャム『Chyawanprash(チャワンプラッシュ)』

0
ネパールの逸品

ネパールに住んでみて感じることは、ネパールとインドは文化的にとても近しい存在だということです。ネパールの良品の数々は実はインド製品…ということも少なくありません。


インドは『アーユルヴェーダ』の発祥の地ですが、ネパールでもその製法に基づいて作られた製品を色々と手に入れることができます。


こぴらは『アーユルヴェーダ』についてはほとんど知識がありませんでした。調べてみると、東洋医学に並ぶ世界3大医学のひとつで、中国の漢方薬のように自然の力を用いて体調を整えてゆくことを目的にしているそうです。


ケミカルなものとは対極にあるアーユルヴェーダ製品、日本ではあまり知名度がないのがもったいなく感じます…。


前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのはこの『Chyawanprash(チャワンプラッシュ)』 です。


20190109111052790.jpg 

『Chyawanprash』は、アーユルヴェーダのジャムのレシピに基づいて、41種類の天然フルーツやハーブから作られています。体調を整えたり、病気の予防のために子どもから高齢者に至るまで食べることができます。


こぴらがこれを知ったきっかけは、ある日5時間ほどのバス旅でくたくたになって友人の家にたどり着いたのですが、その時友人がこれを食べさせてくれました。スプーンひと匙食べると、急に元気が出てきて、思わず「シャクティ アヨー!(力が来た!)」とつぶやきました。(ちょっと大げさですが・・・)


『Chyawanprash』のお味は、プルーンジャムをもっと複雑にして、ピリッと胡椒のようなスパイスを効かせた感じです。


聞くと、その辺のキラナパサル(八百屋兼雑貨屋)でどこでも買えるよーとのこと。帰りにさっそく買って帰りました。ネパール製品だからか、お値段もお手頃(500gRs.270)。毎日栄養補助食品として食べています。


この『Chyawanprash』原材料はこちらです。(長くてすみません^^;)


-アムラ(インドグーズベリー)
- ヤシマドゥ(Glycyrrhiza glabra)
- ブラフミ(Bacopa monnieri)
- ビリヤ(Agele marmelos)
- ゴクシュラ(Tribulus terrestris)
- ピパリ(ピパルロンガム)
- グドゥチ(Tinospora cordifolia)
- ハリタキ(Terminalia chebula)
- バラ(Sida cordifolia)
- ヴァーサ(Adhatoda vascia)
- プナルナヤ(Boerhaavia diffusa)
- Riddhi(Off sbust.- Varahi)(Dioscorea bulbifera)
- Vriddhi(オフsbust.- Varahi)(Dioscorea bulbifera)
- メダ(オフ代替シャタワリ)(アスパラガスracemosus)
- マハメダ(代替 - シャタワリ)(アスパラガスレコモス)
- Kakoli(代替 - Ashwagandha)(Withania somnifera)
- アマラキ(Emblica officinalis)
- ギー(清澄バター)
- シャールカラ(シュガー)
- タイク(Cinnamomum zeylanicum)
- クムクム(Corcus sativus)
- マドゥ(ハニー)


Dabur Chyawanprashは、41種類以上の天然成分とアーユルヴェーダハーブを組み合わせた強力で効果的なミックスを使用して健康的な利益を最大限に引き出します。とのことです。


1番目に挙げられいる主成分は、何と魔法の果実といわれる『アマラ(アムラ)』です。ネパリの友人たちがアマラってすごいんだよ!と、よく言っていましたが、何がすごいか調べてみました。


アマラ(アムラ)はスーパーフルーツと言われていて、ヒンディー語で「看護師」を意味する言葉が語源です。そして抗酸化作用にすぐれており、ポリフェノールは赤ワインの30倍、ビタミンCはレモンの10倍含まれており、このビタミンCは熱にも強いそうです。それゆえ「若返りのフルーツ」という別名もあります。

 

実はこのアマラ、以前道ばたで見かけて買ったことがあるんです。でもそのまま生で食べると渋過ぎて、とても食べられませんでした。ネパリは「水と一緒に食べると大丈夫だよ」と…^^;
私は『Chyawanprash』を知ったので、アマラは『Chyawanprash』で摂ることにします!

20190109111153fd5.jpg アマラの木があることに気づき写真を撮っていると、家主のおじさんが棒でアマラをたくさん落としてくれました。このアマラは友人が持ち帰りました。(画質粗くてすみません・・・)


❏原材料のひとつ“グゥドゥチ”とは?


和名ツヅラフジと呼ばれる、つる性の植物です。サンスクリット語では「不滅」を意味するのだとか。免疫力を高め、感染症を予防します。また、アレルギーや炎症を抑える効果にも優れていて、口内炎や皮膚炎のために常備する方も多いそうです。最近の研究では認知機能強化にも効果的で、日本でも今後ますます注目されていきそうなハーブです。



最後にメーカーのホームページに書かれている『Chyawanprash』の効用はこちらです。


-咳や風邪のような感染に対する体の免疫反応を刺激する
- 血液の浄化と体からの有害な毒素の除去を助けます
- 心臓呼吸器系の健康的な機能のサポート
- 気道を清潔に保つための補助
- 季節の変わり目の間の感染の防止
- 血圧正常化支援」>血圧正常化
- 総合力とエネルギーの強化>エネルギー強化
- 粘膜を養う ">粘膜を養う
- 強い消化器系を支える
- 体の自然な防御システムを保護し、栄養を与えます
- 細胞の老化を遅らせ、フリーラジカルによるダメージから肌を守ります
- 体の自然な抵抗力を高め、体全体に強度と活力を与えます
- 健康的な血糖値コレステロール値の促進
- 生殖組織の栄養と活性化


たくさんのサプリメントを飲まなくても、これ一つで様々な働きをしてくれるアーユルヴェーダジャム“chyawanptush”。皆さんもネパールに来られる機会がありましたら、ぜひ旅の体調管理やお土産にも『Chyawanprash』をお役立て下さいね(^^)




※旅行中の健康についての関連記事


ネパール旅行を楽しむために〜旅の注意点!!


水と食べ物には気をつけよう‼ネパールでお腹を壊してしまった失敗談


ネパールのお薬ノート① 『SANCHO』




◆◇ネパール語ワンポイントレッスン◆◇


買い物に行くときに使ってみよう!



「ヤハン ◯◯(チャワンプラッシュ)パインチャ?」

日本語訳:ここでは◯◯は手に入りますか?



商品名がわかっている時は、商品名を名指して買い物すると簡単です。




※日本でチャワンプラッシュを購入したい方はこちらから



(written by.こぴら


0 Comments

Add your comment