FC2ブログ

【2019年版】徹底比較 ネパールに来るためのおすすめ航空会社と調べ方

0
ネパール観光情報
2019年1月現在、日本⇔ネパール間の直行便はありません。ネパール航空が関空⇔カトマンズ間の直行便を就航するというニュースは流れているのですが、今のところスケジュールは発表されていません。。現在日本には6万人以上のネパール人が生活しているので、ネパール人の多く住む東京・福岡などにも直行便が就航されればいいなと願っています。
 

airplaneview.jpg


そんなわけで現状では、ネパールに行くためにはどこかの都市を経由する必要があります。
今回の記事では、どの航空会社どの便を使うとよいのか、どうやって安いチケットを手に入れるか、徹底的に分析してお知らせします。



 

ネパール行きのチケットを選ぶときの大切なポイント 
皆さん、エアチケットを取る時に何を重要視しますか?
もちろん予算はいくらか、長期旅行か短期旅行か、言葉はどうか、旅慣れているか、体力、年齢などによってベストな選択は異なってくると思いますが、観光経済新聞社のアンケートによるランキングは以下の通りです 

〈重要視するポイントランキングTOP5〉 
1位 安全性 
2位 価格 
3位 便の豊富さ 
4位 機内や空港でのサービス 
5位 会社の知名度
 

一番は安全性なんですね。確かに航空会社によって機体の数や整備状況も違っているので、危険なエアラインには乗りたくはないですよね。他にも出張や旅が多い方は、シートの幅とか、マイルがたまるかどうかを気にされる方もいるのではないかと思います。 

ではネパールに行く時の航空会社を選ぶうえで私たちが特に考えるポイントは何かというと・・・ 

①価格 
②預入荷物の許容量 
③所要時間とトランジットの場所・時間 
④出発・到着時間 

の順です。
短期旅行では預入荷物(トランク)はそう多くならないと思うのですが、移住者にとっては生活の質を左右する重要な問題です。
そして、特にネパール行きの飛行機で注意すべきなのは③の「所要時間とトランジット」です。 

 安全性?知名度?・・・考えたことなかった。
 

それでは、ネパール行きの主要路線を例にとって選ぶ航空会社によってどんな違いが生じるか、考えてみましょう
HIS系列のインターネットの航空券予約サイトSurpriceや有名予約サイトSkyscannerを使って同時期の東京⇔カトマンズ間の往復チケットを調べてみました。 

 検索結果は以下の通り
 

航空会社比較リスト

今回の調査の最安は「中国国際航空」。同じ中国の「中国東方航空」と合わせて最安になることが多いです。
しかし!確かに価格は他より数万円安いのですが、総フライト時間は24時間オーバーで乗り換えは2回。中国東方航空では途中で預入荷物をピックアップする必要があるうえ、途中11時間超のトランジットがあります。途中で食事をしたり、ホテルに泊まったり、ホテルまでタクシーで移動したら、他のフライトとの金額の差もどんどん小さくなっていきます。バックパッカーなら時間には余裕があるでしょうし、宿泊は空港泊でもよいかもしれませんが、安くても短期旅行者には厳しい航空会社です。 
ちなみに中国の航空会社や空港の職員はあまり英語が話せない人も多いので、トラブルが発生した時にはそのあたりも大きく関係してきます。 

 一方、今回の調査で一番高かったのは大韓航空です。しかし、大韓航空の最大のメリットは乗り換えがソウル仁川空港だという事。仁川の各種カウンターには日本語が話せる人がいる可能性が多く、空港の案内板にも日本語表示がなされています。なので、個人で海外旅行の経験が初めてで英語も話せないサントスの両親がネパールに来た際には、途中のトラブルの事を考えて大韓航空のチケットを手配しました。 

だから、どれが「良い」チケットかなんて、本人以外判断出来ませんよね。
できるだけ快適に確実に到着したい人と、できるだけ安く抑えたい人、旅行の日数が限られている人、荷物をできるだけたくさん持っていきたい人・・・それぞれ重視するポイントは違うので、上記の表を参考にしていただき、自分の自分の条件に合わせてベターなチケットを選んでください。 

以下、勝手に旅行タイプ別おすすめ航空会社を書いておきます 

 
フライト時間最短で行きたい人
大韓航空 
  機内のサービスも重視
タイ航空 
 
時間と手間はかかってもいいから、とにかく安く行きたい人
中国東方航空 中国国際航空 
 
海外では言語が心配。日本語の案内版や日本語が通じる人がいるといいなという人
大韓航空 マレーシア航空 
乗り継ぎが良く機内食でハーゲンダッツを食べたい人
キャセイパシフィック 
 
地方空港からのアクセス重視
大韓航空・中国東方航空 

 


おすすめのチケット購入サイト 
一昔前は旅行代理店に出かけてチケットを購入するのが主流でしたが、今は多くの方がエクスペディアスカイスキャナなどの航空券予約サイトを利用されていると思います。
チケットもE-チケットなので、海外安いウェブサイトを探しても購入できます。 

といっても、多くの場合エアチケットは数か月前に購入するものなので、急なキャンセルや予定変更などにも対応できるかなども考えて利用することをお勧めします。エクスペディアとスカイスキャナは似ているようで異なるシステムで、エクスペディアは自社でチケはットを発券しますが、スカイスキャナは最安のサイトを調べる比較サイトです。旅程変更・キャンセルの扱いは実際に予約したサイトのポリシーによって異なるのでご注意ください。 

私たちはその時折でエクスペディアとスカイスキャナ、それにHIS系列のインターネットの航空券予約サイトSurpriceなどを比較してチケットを調べます。

キャンセルや航空会社のフライトスケジュール変更、運ぶ荷物をプラスしたいなどの要望が生じたときメールや電話など日本語で対応してくれるサイトはいざという時に心強いです。なので、少しでも安く行きたい私たちでも、数千円の差であればエクスペディアやSurpriceを選ぶ事も多いです。





 



皆さんも自分に合ったフライト・方法で旅行のチケットを探して、お得で快適なフライトを選んでくださいね。 

※関連記事

 by さんとす

0 Comments

Add your comment